【9/30】 お問い合わせで「お名前エラー」が発生する不具合を修正しました。 【サイト概要】IT用語に「ルビ」や「説明文」をつけて初心者の方にもわかりやすく丁寧に説明していきます。「サーバーの立て方」や「サイトの作り方」「カスタマイズ方法」が知りたい方はぜひ見ていってください。

超高速WP環境KUSANAGIをさらに高速化できるWEXALの導入方法

高速化ソフトウェアWEXALの導入方法の画像WEXAL
この記事は約17分で読めます。

ConoHa VPS[※1]このは ブイピーエスに、WordPress[※2]ワードプレスを超高速化できるKUSANAGI[※3]くさなぎを、さらに高速化するためのソフトウェア、WEXAL[※4]ウェクサルを導入する方法を解説します

※1ConoHa VPS
GMOインターネット株式会社が運営するVPS。豊富なテンプレートイメージと高速SSDによって、たったの25秒で「今すぐ使える」サーバーが作れる。
※2WordPress
WordPress Foundationワードプレス・ファウンデイションによって開発されたオープンソース・ブログプラットフォーム。プログラム言語がわからなくても管理画面からサイトやブログの作成が可能。
※3KUSANAGI
プライム・ストラテジー株式会社が開発した、CentOSベースの超高速WordPress実行環境。
※4WEXAL®Page Speed Technologyウェクサル・ページ・スピード・テクノロジー
プライム・ストラテジー株式会社が開発した、KUSANAGI専用の、Webページをさらに高速化するソフトウェア。
スポンサーリンク

WEXALとは

 WEXALとは、「WEXAL® Page Speed Technology」の略で、KUSANAGIを開発しているプライムストラテジー株式会社が開発したCMS[※1]高速化エンジンです
(Page Speed TechnologyをPSTピーエスティーと略して呼ぶ場合もあります)

 主な特徴は、KUSANAGIがサーバー側を高速化するのに対し、WEXALはクライアント側(ブラウザ)を高速化します。また、導入するだけでAIが自動で最適化してくれるので、KUSANAGIと同様に初期設定のみで高速化が可能です。
(モードを変更することで手動での詳細設定も可能です)

 設定は、PST Managerピーエスティーマネージャー(管理ページ)を使用することで、自動高速化と手動高速化の切り替えなどボタンをクリックするだけで設定が簡単に変更できます。また、各サイトのアクセスログやエラーログなどの確認もできます。

[WEXALの特徴の詳細]
 ・サイト閲覧者のブラウザに合わせて最適化。
 ・サイト閲覧頻度に合わせてファーストビューとそれ以外の表示速度を調節してサイト離脱を抑制。
 ・画像、JS[※2]ジャバスクリプトCSS[※3]シーエスエスのリソースを圧縮(ミニファイ化)して軽量化して転送量を削減。
 ・画像をWebP[※4]ウェッピーに変換して、WebPに対応している端末の画像を高速表示。
 ・プログラムやデータベースなどの改変が行われないので、デザイン崩れが発生しない。
 ・簡単にON/OFFできるので、不具合が起きた場合はすぐに元の状態に戻すことができる。

※1CMS(ContentsManagementSystemコンテンツ・マネジメント・システム)
専門知識がなくても、サイトの作成・更新・管理が簡単に行えるシステム。
※2JS(JavaScriptジャバスクリプト)
Brendan Eichブレンダン・アイクによって設計されたプログラミング言語。WebサイトやWebアプリなど様々なプログラムに使用でき、クライアント側(ブラウザなど)で処理される。
メリット:クライアント側で処理するためサイト表示後の処理が可能。
デメリット:クライアント側で処理されるためユーザの環境によっては動かない(JSオフ設定など)
※3CSS(CascadingStyleSheetsカスケーディング・スタイル・シート)
Webサイトのスタイル(デザイン)を指示するための言語の一つ。
※4WebP
Googleグーグルによって開発された画像圧縮方式。JPEGよりも圧縮率高く、PNGのように透過でき、GIFジフのようなアニメーションにも対応している。

WEXALの効果を事前に知りたい方は「ONIMARU」からチェックしてみてください。

WEXAL導入条件

 WEXALを導入するためには、下記の導入条件を満たしている必要があります。
(KUSANAGIを導入していない場合はコチラを参考にしてください)

  • 仮想マシンイメージKUSANAGIの導入済サーバー
    (WEXALが導入できるサーバー一覧はコチラ)
  • KUSANAGI ライセンスの取得
    (「個人:無料」「 法人:有料」、取得方法は「WEXAL導入方法」で説明)
  • 推奨メモリー4GB以上
    (管理人が運営しているサイトは2GBで問題なく運営できています。ただし、空きメモリが2GB以上ないと起動しな機能などもあるので資金に余裕がある場合は4GB以上をオススメします。)

WEXAL導入方法

①KUSANAGI Marketplaceページのパーソナルライセンス購入ページに移動します
(個人の方向けに説明していきます。個人利用は無料です)

②「Premium」が選択されていることを確認してカートに追加ボタンをクリックします
(「Business」Editionを選択するとWEXALを使用できないので注意してください)

KUSANAGIライセンス追加方法1の画像
クリックで画像拡大

③カートページに移動するので、お支払いへ進むボタンをクリックします

KUSANAGIライセンス追加方法2の画像
クリックで画像拡大

④請求先情報の*(必須)項目をすべて入力します。利用規約をよく読み問題がなければ同意ボタンにチェックをいれて、注文するボタンをクリックします
(すでに登録済みの方は上部に表示されている「ログインはこちらから」をクリックしてください)

KUSANAGIライセンス追加方法3の画像
クリックで画像拡大

⑤サイト上部のマイアカウントボタンをクリックしてマイアカウントページに移動します。移動先にあるサブスクリプションキーをメモしておきます

KUSANAGIライセンスキーの画像
クリックで画像拡大

ConoHa VPSにログインし、左メニューのサーバーボタンをクリックします

⑦サーバー一覧からサーバーを選択し、サーバーページに移動します

⑧サーバーページにある上部メニューのコンソールボタンをクリックしてコンソールを開きます

ConoHa VPSコンソールボタンの画像
クリックで画像拡大

⑨コンソールのユーザー名に「root」を入力してエンター、パスワードに「rootパスワード」を入力してエンターを押して、root(管理者ユーザー)でログインします
(rootパスワードはKUSANAGI導入時に設定したパスワード)

KUSANAGIコンソール画面の画像
クリックで画像拡大

⑩コンソールに下記のコマンドを入力してエンターを押して、KUSANAGIのエディションやライセンスを変更します。処理完了後「upgrade completed.」と表示されると変更完了です。
(xxxx-xxxx-xxxx-xxxxには先ほどメモしたサブスクリプションキーを入力してください)

kusanagi upgrade kusanagi --edition premium --use personal --key xxxx-xxxx-xxxx-xxxx
KUSANAGIライセンスアップグレード完了画面の画像
クリックで画像拡大

[コマンド解説]
kusanagi ← KUSANAGIコマンドを実行する際に記述
upgrade kusanagi ← KUSANAGIアップグレードを実行する際に記述
–edition premium ← 使用するエディションを記述(「Business」と「Premium」の違いはWEXALの使用可否)
–use personal ← 使用するライセンスを記述(個人利用ならば「personal」を選択する)
–key xxxx-xxxx-xxxx-xxxx ← サブスクリプションキーを記述(ライセンス取得時にメモしたキー)

⑪コンソールに下記のコマンドを入力してエンターを押して、premiumエディションをインストールします。処理完了後「Complete!」と表示されるとインストール完了です。

dnf install -y kusanagi-prem3

[コマンド解説]
dnf ← パッケージ管理システム「Dandified Yumダンディファイド ヤム」の略でインストールやアップデートをする際に記述
install ← インストールを実行する際に記述
-y ← すべての質問にYESを選択する際に記述
kusanagi-prem3 ← premiumエディションのパッケージ名

⑫コンソールに下記のコマンドを入力してエンターを押して、管理ページ「PST Manager」にログインするためのユーザー名とパスワードを設定します
(ユーザー名とパスワードはお好きなものを入力して、メモするなど覚えておいてください)

pst passwd add --user 任意のユーザー名 --pass 任意のパスワード

[コマンド解説]
pst ← PSTコマンドを実行する際に記述
passwd add ← ユーザーを登録する際に記述
–user xxxxx ← 任意のユーザー名を記述(3~16文字の英数字と一部の記号)
–pass xxxxx ← 任意のパスワードを記述(8文字以上の英数字と一部の記号)

⑬コンソールに下記のコマンドを入力してエンターを押して、KUSANAGIでWordPressに使用するために作成したプロファイル名を調べます
(プロファイル名が一覧で表示されます。プロファイル名がわかる方は省略してください)

ls /home/kusanagi

[コマンド解説]
ls ← ディレクトリ内のファイルの一覧を表示する際に記述
/home/kusanagi ← プロファイルディレクトリが格納されているパス

⑭コンソールに下記のコマンドを入力してエンターを押して、KUSANAGIでWordPressに使用するために作成したプロファイルの初期設定を行います
(下記コードの「プロファイル名」には先ほど調べたプロファイル名を記述してください。cdコマンドを使用するコードを使用する際は、cdで「/home/kusanagi/プロファイル名」に移動後「pst init」を実行してください)

pst init プロファイル名

または

cd /home/kusanagi/プロファイル名
pst init

[コマンド解説]
pst ← PSTコマンドを実行する際に記述
init ← 初期設定を行う際に記述
xxxxx ← 初期設定を行いたいプロファイルのプロファイル名を記述

cd ← 指定したディレクトリに移動する際に記述
/home/kusanagi/xxxxx ← 移動先のパス

pst ← PSTコマンドを実行する際に記述
init ← 初期設定を行う際に記

⑮初期設定コマンドを実行すると「PST Manager」のURLが表示されるので、WEXALの設定を行うためにメモしておいてください。これで、WEXALの導入は完了です。

WEXAL導入完了画面の画像
クリックで画像拡大

[PST ManagerのURL]
 サーバーIPアドレスの61000番ポートに接続すると「PST Manager」ページに接続できます。

URL 例: http://xxx.xxx.xxx.xxx:61000
(IPアドレスはConoHa VPSのサーバー情報ページで確認できます)

WEXAL設定方法

 画像に番号を振って、その番号を元にWEXALの基本設定と各モードの設定方法を解説します。また、エキスパートモードでの除外設定の項目についても、簡単な解説を行います。
(すべてAIにお任せしたい場合はスマートモードで運用してください)

基本設定

①左メニューの「基本設定ボタン」をクリックするとWEXALの設定ができるページに移動できます

WEXAL管理ページ設定方法1の画像
クリックで画像拡大

WEXALのONとOFFの切り替えができるボタンです。ボタンをクリックすると切り替えられます。問題が発生した場合はOFFにしてください。
(PSTは、WEXAL®Page Speed Technologyの略)

リソース監視のONとOFFが切り替えれるボタンです。ボタンをクリックすると切り替えられます。手動でのみリソースの最適化を行う場合はOFFにしてください。

モードの切り替えができます。モード選択後、「変更ボタン」をクリックしてください。
(モードの詳細はもう少し下で説明します)

画像最適化のONとOFF、画像の圧縮率の変更ができます。画像に不具合がでた場合はチェックを外してください。
(KUSANAGIの画像圧縮機能をONにしていると、画像アップロード時に画像を圧縮してくれます。しかし、WEXALにも画像圧縮機能があるので2重圧縮となります、画質が気になる場合はKUSANAGIの画像圧縮をオフにしてください)

CSSとJSの最適化のONとOFFが切り替えられます。CSSやJSに不具合が生じた場合はチェックを外してください。

最適化を行いたくないディレクトリを記述します。記述後は「設定を保存」ボタンをクリックしてください。

リソースの最適化を手動で行いたい場合は記述します。/を記述した場合は全体の最適化を行います。他のリソース最適化中に割り込みで最適化したい場合は「最優先でリソースを最適化」にチェックしてください。記述後は「リソースを最適化」をクリックしてください。

過去の最適化リソースを削除できます。過去のリソースを削除する場合は数字を記述して期間を選択した後に「より古いリソースを削除」ボタンをクリックしてください。

削除したいリソースを指定して削除できます。削除したいリソースを記述後「最適化済みリソースを削除」ボタンをクリックしてください。「最適化除外リソースのみ削除」にチェックをいれていた場合は最適化除外に指定しているリソースのみ削除できます。

スマートモード設定

 4種類の設定(Lazy load、proxy、webfont、engagement delay)に基づき、WEXALの戦略AI David[※1]エーアイ デイヴィッドが自動的に最適化戦略を立案しリソースを最適化します。

WEXAL管理ページ設定方法2の画像
クリックで画像拡大
※1

AIOnimaru David鬼丸デイヴィッド
プライム・ストラテジー株式会社が開発したAIで、Webサイトや
Webシステムを解析し最適な高速化戦略を立ててくれる。

①スマートモードボタン
左メニューにある「スマートモードボタン」をクリックするとスマートモード設定ページに移動できます。
(基本設定でスマートモードを選択している場合に表示されます)

②Lazy load 戦略無効
チェックを外すと、画像ロードの遅延(画像遅延読込)に関する最適化戦略を有効にできます
(デフォルト:無効)

③proxy 戦略無効
チェックを外すと、外部のリソース(画像、css、js)に関する最適化戦略を有効にできます
(デフォルト:無効)

④webfont 戦略無効
チェックを外すと、Webフォント(Web上で呼び出せるフォント)に関する最適化戦略を有効にできます
(デフォルト:無効)

⑤engagement delay 戦略無効
チェックを外すと、Engagement delayに関する最適化戦略を有効にできます。Engagement delayとは、サイト閲覧者のアクセス頻度に合わせてファーストビューの表示速度を調節してくれます。具体的には、アクセス頻度が少ない閲覧者(初見など)にはJSやCSSを遅延させてファーストビューを高速化し、アクセス頻度が多い閲覧者には、徐々に遅延を短くしていきサイト作成者が意図した通りの処理に近づけます。
(デフォルト:有効)

⑥engagement delay 除外設定
AIの戦略を無視して、強制的に「engagement delay」を無効にしたいファイルがある場合は、右部の除外にチェックをいれると通常通りの処理を行ってくれます

エキスパートモード設定

 エキスパートモードは、スマートモードの最適化戦略無効設定に加え、20種類の最適化除外設定ができるようになっています。また、engagement delayの除外設定以外にも適用設定もできるようになっています。自動最適化機能はスマートモードと同様に戦略AI Davidが自動的に最適化戦略を立案しリソースを最適化します。

WEXAL管理ページ設定方法3の画像
クリックで画像拡大

①エキスパートモード
左メニューにある「エキスパートモード」をクリックするとエキスパートモード設定ページに移動できます
(基本設定でエキスパートモードを選択している場合に表示されます)

②~⑤はスマートモードと同じなのでスマートモード設定解説を参照してください

⑥~㉔のディレクティブで、最適化を行いたくないパスがある場合は、右部の入力欄にパスを正規表現で記述してください
(⑥~㉔のディレクティブの解説は下記)

⑥defer external js
外部スクリプトの実行を遅延させることで、サイトの表示速度を高速化します。

⑦lazy load
コンテンツ内にある画像のロードを遅延させることで、サイトの表示速度を高速化します。

⑧lazy youtube
YouTubeの埋め込み動画のロードを遅延させることで、サイトの表示速度を高速化します。YouTubeの埋め込み動画をサムネイル表示し、サムネイルをクリックしたタイミングで動画をロードします。

⑨lazy video
コンテンツ内にvideoタグが存在する場合、動画のロードを遅延させることで、サイトの表示速度を高速化します。通常はpreload属性に「auto」が指定されている為、あらかじめ動画が読み込まれます、「none」に変更することでロードを遅らせます。

⑩link dns prefetch
dns-prefetch属性やpreconnect属性を有効にすることで、サイトの表示速度を高速化します。外部リソースをロードする際に、名前解決や接続をあらかじめ行います。

⑪link lcp preload
LCP(メインコンテンツのロード時間を測る指標)の対象画像をpreloadすることで、ファーストビューの表示速度を高速化します。対象の画像を事前ロードして対象画像の表示を高速化します。

⑫normalize newlines
改行コード「CR+LF」(Windows)と「CR」(MacOS 9以前)を、「LF」(MacOS 9以降)に変換して改行コードを統一します。

⑬proxy
外部リソース(画像, css, js)にもWEXALの最適化を有効にして、サイトの表示速度を高速化します。

⑭reduce script
同じスクリプトが複数読み込まれている場合、1つを残しその他を除去することで、サイトの表示速度を高速化します。

⑮repair jquery
jQueryスクリプトの指定を正規化します。

⑯secure target blank
aタグに「target=”_blank”」(新しいタブで開く)が存在し、rel 属性がない場合「rel=”noopener noreferrer”」を追加しセキュリティーを向上させます。

⑰split inline css webfont
インラインスタイルシート(タグに直接記述されたCSS)を外部スタイルシート化します。cssにwebfontが含まれている場合は、切り出して読み込みを遅延させます。デフォルトの有効期限は2時間です。

⑱tidy
HTMLコードでタグが欠損していた場合、そのタグを補完します。(php7・php-fpmに対応、hhvm非対応)

⑲wp opt genericons
WordPressで使用されているアイコンフォント(Genericonsジェネリコン)がロードされるまでの間、代替フォントを表示しフォントのロード中もコンテンツが表示されるようにます。

⑳wp remove emoji
WordPress絵文字用のスタイルシートとスクリプトの出力を無効化して、サイトの表示速度を高速化します。

㉑wp remove header
WordPressがヘッダーに出力するハンドルを抑制し、サイトの表示速度を高速化します。

㉒wp remove meta
WordPressが出力するmetaタグの出力を抑制し、サイトの表示速度を高速化します。

㉓wp shorten url
WordPressのパスを短いパスに置換しコンテンツサイズを減らすことで、サイトの表示速度を高速化します。

㉔wp remove wpcf7
WordPressのプラグイン「Contact Form 7」(問合せフォーム)のスタイルシートとスクリプトのロードを無効化します。「Contact Form 7」を設置したページのパスを「wp remove wpcf7」の除外に含めることで、設置ページでのみスタイルシートやスクリプトがロードされます。そのため、設置ページ以外ではロードされないため表示速度が高速化します。

㉕engagement delay 適用・除外設定
AIの戦略を無視して強制的に「engagement delay」を有効・無効にしたいファイルがある場合は、右部の「適用」又は「除外」にチェックをいれてください

WEXAL管理ページ設定方法4の画像
クリックで画像拡大

デベロッパーモード設定

 デベロッパーモードは他の二つのモードと違い、戦略AI Davidが無効化されます。コンソールから手動でWEXALの設定ファイルを作成したい場合に選択してください。また、自動で作成された設定ファイルを手動で上書きした場合など設定ファイルの整合性がとれなくなった場合もデベロッパーモードと判定されます。

まとめ

 WEXALを導入した結果、管理人が運営するサイトではすべてのページで高速化され、Google PageSpeed Insightsグーグル ページスピード インサイト(表示速度測定サイト)で100点近い点数をとれるようになりました。KUSANAGIを導入している方やこれからサーバーを立てる方は導入することをおすすめします。
 また、KUSANAGIやWEXALの導入が難しい方は、ConoHa WING(レンタルサーバー)でも2022年4月21日から使用できるようになったので導入作業をせずに契約するだけで使用できるこちらもおすすめです。

 メリットだけではなくデメリットもあり、サイトのAMP[※1]アンプ化や高速化プラグインの使用など、すでに高速化している場合は正しく動作しない場合が多く、他の高速化方法との相性が悪いと感じました。
 そのため、WEXALを導入されるかたは、できるだけ最小限の構成での運用をおすすめします。また、テーマによっても動作が不安定になる場合もあるので、事前に検索などを行いテーマとの相性を調べておくことをおすすめします。
 管理人の環境では、画像自動変換系のプラグインとの相性が悪く、Google PageSpeed Insightsでのスコアが低下してしまいました。

※1

AcceleratedMobilePagesアクセレレイティド・モバイル・ページズ
モバイルのページの表示を高速化する手法でアンプと呼ばれる。サイトの表示は高速だが制限が多くシンプルなサイトに向いている。

タイトルとURLをコピーしました